6月 22
2015

結婚指輪はどちらが買う?

結婚指輪は、男性側が買うのか、それとも女性側が買うのかどちらなのでしょう。

婚約指輪は、男性から女性へ贈るので男性側が買うのが一般的ですね。

しかし結婚指輪は二人でつけるものですし、どうなんだろう?と思っている人も多いのではないでしょうか。

結婚指輪というのは、本来お互いに贈り合うものとされており、男性から女性へ、女性から男性へ渡すものです。

ですから、それぞれ相手の分を買うというのが一般的のようです。

しかし、実際のところは結婚指輪も男性側が買っているカップルが多いです。

婚約指輪を二人で見に行った時に、結婚指輪も一緒に注文すると割引してくれるお店があったりするので、婚約指輪を買うついでに買ったという男性は多いです。

男性も、「指輪関係は男性側が買うものだ」と思っているようなので、そのまま買ってもらったという女性が多いですね。

結婚指輪は男性が買うものだ、いやお互い贈り合うものだ、といういろんな意見がありますが、どれが正解というものではありません。

二人が納得していればどちらでも良いのです。

女性が、結婚指輪まで彼に買ってもらうのは申し訳ないと思ったのなら、「結婚指輪は折半にしようか」と提案しても全く問題はありません。

彼が「自分が買う」と言ってくれたらそれはそれで良いですし、「お互いの分を支払おう」と言ったからといって「ケチ」というわけではありません。

本来は贈り合うものとなっているのですから、これで揉めないでくださいね。

check!…結婚指輪は誰が買うの??

This entry was posted in 結婚指輪はどちらから. Bookmark the permalink.

Comments are closed.